free web hit counter

      2018/08/09

【書評】誰でも売れるようになる!『10倍売れるWebコピーライティング』

 
10倍売れるWebコピーライティング

こんにちは!ぶるです。

アフィリエイトを続けているけど売れない・・・商品やサービスを売りたいけどセールスライティングの具体的な記事構成が分からないという悩みで、行き詰っているなら、迷わず手にしてください。

 

この書籍『10倍売れるWebコピーライティング』は、アフィリエイトを始めたばかりの初心者でも、とても分かりやすく解説されていて、実践できるワークシートなどもあります。

 

売り方(ランディングページの作り方)を間違えていれば、当然売れるものも売れないという原理原則を、バシッと理解できる書籍。

 

そして、コピーライティングの書き方はもちろん、キャッチコピーから始まるページ構成も『順番どおり何をどう書いていくのか?』まで解説しています。

つまりは『誰がやっても同じ結果になる』という、ある意味驚愕の真実を知らされます。

 

では、書籍の魅力に触れていきます。

 

Sponsored Link

著者はWebマーケティングメディアを運営する『バズ部』

バズ部
※出典 バズ部

コンテンツや集客、SEOやWordPressなどで分からないことを調べていると、多々検索上位にコンテンツを拝見する『バズ部』。僕自身も、現在進行形で勉強させてもらっていますが、Webマーケティング界では超有名なサイト。

クライアントは主に企業。数々の武勇伝・・いや成功事例をお持ちですね。

バズ部
社名 株式会社ルーシー

半年から1年の短期間で、
検索エンジンから月間100万PVを集める
WEBメディアを作ることができます。

 

Webマーケティングを中心に、総合的な超エリートを選りすぐりに集まった会社です。

 

10倍売れるWebコピーライティング抜粋

実際に、『10倍売れるWebコピーライティング』の魅力ある部分に触れて、少しだけ解説していきます。

 

セールスにはルールという原理原則がある

コピーライティングで、一番難しいとされるのが『ターゲットユーザーへ、商品やサービスをどう伝えれば売れるのか?』という部分ではないですか?

ここを著者は・・・

何を言えば』、お客様があなたの商品に興味を持ってくれるか?

何を言えば』、お客様があなたの商品を欲しいと思ってくれるか?

何を言えば』、お客様が実際にお金を払って商品を購入してくれるか?

 

この『何を言えば』という部分まで、実践的に分かりやすく書かれています。

 

コピーライティング4つのパーツ

具体的に、ランディングページ構成まで分かりやすく解説しています。

1.キャッチコピー

ターゲットユーザーに興味を持ってもらい、次の『ボディーコピー』へ読み進めてもらう役割。

 

2.ボディーコピー

問題の解決策を示して、商品やサービスを『欲しい』と思ってもらう役割。

 

3.クロージングコピー

商品を欲しいと思った人に、確実に商品を買ってもらう役割。

 

4.追伸

斜め読みをする人にも、オファー内容を理解してもらう役割。

 

この4つのパーツそれぞれが、しっかりとした『役割』を果たしてこそ、売れるコピーライティングが仕上がると解説されており、それぞれのパーツへ『何をどう書けばいいのか?』という、リサーチ方法まで暴露してくれています。

 

Sponsored Link

まとめ

伝え忘れましたけど、この書籍はたったの142ページしかありません。

集中して読んでしまえば、約2時間程度で読み終えます。

が、中身はノウハウがギッシリ凝縮されていて、各セッション全て『初心者でも理解できるよう分かりやすく解説』されています。

 

また、リサーチ編の解説には『ワークシート』が付いていて、そのワークシートへ必要なリサーチを記入していくだけで、ランディングページが出来上がってしまうという・・・まさに実践的な内容です。

 

これからアフィリエイトへ挑戦する人も、アフィリエイトに挑戦しているものの、結果が出ない人には『絶対読んで欲しい1冊』ですね。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です