free web hit counter

      2018/08/07

Amazonアソシエイト審査に通過する8つのチェックで合格する方法

 
Amazonアソシエイト,審査

Sponsored Link

 

 

こんにちは!ぶるです。

アフィリエイターであれば、ASP提携で必ず抑えておきたいのが『Amazonアソシエイト』ですよね。

言わずと知れたネットショッピング大手Amazonは、国内でNo.1を誇るショッピングサイトですし、そのAmazonサイト内の商品やサービスをアフィリエイト出来るとなれば、収益化もグンと上がりますからね。

 

ただ、提携して広告を載せるには『ブログ(Webサイト)審査』があるんですよね…厄介な事に。。

そこで、今日はこの審査に一発で通過するためのポイントをまとめました。

 

ちなみに、この8つのチェックポイントさえきちんと対策すれば、落ちることはまずないですから。

ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

 

Sponsored Link

Amazonアソシエイト審査基準

実は、Amazonアソシエイトのヘルプに『プログラム参加申請をお断りするサイト例』が、詳しく書かれたページが存在します。

 

ただ、非常に業務的かつ抽象的で、イマイチ理解しがたい内容なんですよね…。これが。もう少し素人向けにかみ砕いて書いて欲しいなと思いました。

では実際に記載されている内容で、審査に密に関わるであろう8つのポイントを、抜粋ばっすいしながら分かりやすく解説していきます。

 

1.記事数や投稿数などのコンテンツが少ない

こちらの審査基準で言うと、僕自身は30記事以上のコンテンツがあった時点で審査通過したので、もちろん30記事あれば全く問題なし。

ですが、『最低いくつのコンテンツがあればいいのか?という基準となると、あるサイトさんでは『7記事』との明記もありましたね。

結論、30記事あれば間違えありません

 

2.長い間更新がない

『長い間』って、基準として最低○日で更新していることが条件って明記して欲しいですよね。。本音は。

この対策は簡単。記事の公開日にバラツキがあるなら、審査期間に合わせて更新日を『毎日に編集しておけばいいだけです。少し裏技的になってしまいますけど・・・。

 

3.身元情報が不十分である

この基準は、Amazonアカウントを取得しておけばいいです。つまりどこの誰だかを、アカウントでAmazonアソシエイトへ開示しておきます。

更にここで加点ポイント。1つでもAmazonで買い物しておくことをおすすめします。購入履歴があれば、間違えなく審査に有利なはずですから。

もし購入履歴どころかAmazonアカウントがない!なら、こちらで新規登録しておきましょう。

 

4.外部サイトリンクは使用しない

この基準対策は、他サイトの記事を紹介したり、参考サイトなどのリンクは貼らないようにしましょう。

 

5.サイト名やドメインスペルに注意

『amazon』『javari』『kindle』の3点に、酷似したサイト名やドメインは注意しましょう。

恐らく詐欺サイトの観点、知名度による不当なアクセス操作などの観点を審査する意図でしょう。

 

6.著作権違反をしない

そもそも、Amazonアソシエイト審査以前の問題。訴えられてしまいますので、要注意!

危ないのは、使用承諾がない『画像引用』や『歌詞』の無断転記には、十分に注意しましょう。

ちなみに、商用利用可でフリー画像を探しているなら、Googleでそのまま「商用利用可 フリー画像」などで検索すれば、たくさん拾えるサイトが存在します。

 

7.情報商材コンテンツや関連したサイトリンク

この基準は、情報商材の販売、アフィリエイトで有名な『インフォトップ』や『インフォカート』などからの広告やアフィリエイトリンクは、確実に消しておきます。

また、そもそもアフィリエイトによる広告やリンクは、1つも載せない方が良いです。

ちなみに、僕も審査中は一切載せていませんね。一時ガマンしましょう!

 

8.あからさまな性的描写びょうしゃを避ける

まぁ当然です…よね。ですので、間違っても出会い系やアダルト系などのサイトなどでは、審査を通さないように注意しましょう。

Amazonのホワイトイメージに、悪影響してしまうわけですからね。

 

Sponsored Link

審査に通過したブログ概要

Amazon,審査,通過,ブログ

ここからは、僕が実際にAmazonアソシエイトへ審査を通したときの、ブログスペックを見てもらえたら、より分かりやすいのではと思い、お話していきます。

 

項目審査時
記事総数31記事
1日平均ブログPV112.1PV
1記事平均文字数679文字
ドメイン独自ドメイン
ブログテーマアフィリエイト中心のノウハウテーマ
WordPressテーマ有料テーマ『Elephant』
お問い合わせフォームトップページ、個別記事両方あり
サムネイル画像一切使用せず
広告貼付全くなし

まずこのスペック状態で審査に挑めば、通過は間違いないはずです。ですが、今更このスペックに変えるのはちょっと…というあなたに!

この項目で、特に審査に関わると思えるのは『記事総数』と『ブログテーマ』『広告貼付』の3つ。

 

記事総数は、実際に30記事の段階で審査通過したという事実があります。

またブログテーマは、出会い系などのアダルトジャンルはまず無理でしょう。この類のテーマは絶対に避けるべきですね。

そして広告。Googleアドセンスや各ASP提携での広告は、審査中には削除します。そこで、気になる審査期間はというと、数十分なんてこともあれば、1週間以上かかるケースもあるようです。

 

とにもかくにも、この審査期間だけはガマンしましょう!

 

まとめ

Amazonアソシエイトは、アフィリエイトでも優秀なASP。確実に押さえておきたいですよね。

審査通過する1番手っ取り早い方法は、『僕のブログスペックと同等のブログに仕上げる』ことですけど、そんな数時間でできる作業ではないですよね(笑)

 

そこで!最終最後!

これだけはおさえておくべき!という究極の断捨離だんしゃりで、厳選した5つのポイントをお伝えしておきます。

 

ポイント1.記事数は、30記事以上積む。

 

ポイント2.Amazonアカウントより購入履歴を作る。

 

ポイント3.画像やイラストは一旦削除しておく。

 

ポイント4.ブログテーマや記事にアダルト系は避ける。

 

ポイント5.マネタイズになる広告は一切貼らない。

 

Amazonアソシエイト審査で、1番関係するであろう5つのポイントです。逆に、この5つさえ抑えてしまえば合格!?なんてことも十分ありえるほど重要だと思います。

仮に一度落ちてしまっても、何度でも挑戦して審査できますので、合格するまであきらめずに!

あきらめてはダメですよ!

Sponsored Link

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. としぽん より:

    Amazonアドセンスについて詳細にポイントを教えていただきありがとうございます。
    参考にさせていただきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です