2017/08/08

もう迷わない!安くて速いおすすめのインターネット回線の正しい選び方!

 
インターネット選び方

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

買い物は断然ネット派なぶるろまんです(笑)

 

インターネットプロバイダを選ぶのに迷っている方、朗報です。

先日、『インターネット回線とプロバイダでおすすめはありますか?』というお問い合わせをいただきました。

 

同じように…

◉インターネットを始めたいけど、プロバイダはどこがいいのかな?

◉ネット回線、もっと安い料金ないかな…

◉引越しの機会にプロバイダを見直してみようか…

◉もっと安くて速いプロバイダがあるのでは?

などいろんな理由で迷って、『結局、どのプロバイダが安くて速いの?』って悩んでいますか?

 

早くて安い。う~ん、良い響きです(笑)

 

そんな良い条件でプロバイダがあるんかいな…。って不安になっているなら、この記事をぜひ参考にしてください。

 

選び方は、いたってシンプル。

まずは、インターネットを利用する目的はなにか?

更に、利用する場所はどこなのか?予算優先?それともネット速度優先なのか?という3つの分野で選考するだけです。

 

インターネット回線を提供しているプロバイダは、世の中たくさんあります。

全部選択肢に入れていたら、決まるはずありませんから『あなたの条件に合わせたプロバイダを選ぶだけ』。ホントこれだけです。

 

では、まずインターネットを使用する目的から見ていきましょう。

 

Sponsored Link

インターネットを利用する目的は?

 

まずこの図を参照してください。

インターネット,利用目的

左に寄るほど『安い』を優先する利用目的群。右に寄るほど『速い』を優先する利用目的群を図で表しました。

 

インターネット回線を引く目的は、図を見れば分かる通り『それぞれ利用する目的によって、優先すべきは安いか?速いか?』を、まずセグメントして考えることです。

 

ここでは、あなたの利用目的に合わせてどちらを優先すべきか決めておきましょう。

あくまで『メインで使用する目的』なので、複数でも最大3つまでに絞って選んでおきます。

 

インターネット利用は外出先から?それとも自宅?

次に、インターネットを利用する『場所』を考えてみましょう。

外出先が中心なのか?自宅(マンション、戸建て)が中心なのか?という選択。

 

ここもシンプルに考えます。

仕事もプライベートも外出先が中心で、インターネットを利用する場合は『無線』。自宅でインターネットを利用する場合なら『有線』にするという選択で考えてみてください。

 

では、この選択を決める前にそれぞれメリット・デメリットを見てみましょう。

無線LAN回線のメリット( ゚∀゚)
1. ケーブルレスでPC周りはスッキリ

2. 移動先でいつでも接続できる

3. Wi-Fi内蔵プリンタなら遠隔印刷が可能

4. Wi-Fiルーター1つで複数ネット回線が利用可

 

無線LAN回線のデメリット(。-ω-)
1. ネット速度が電波によって不安定

2. セキュリティーが軟弱(不正浸入の恐れ)

3. 無線LAN機器が若干割高

 

無線LAN回線は、外出先(移動先)が多い方には逆に無線LANでないと、非常に不便なのが分かりますね。

移動先で”Wi-Fiがなければインターネットできない“という最大の致命点があります。

 

またセキュリティー面でWi-Fiは、『SSID』という固有認識で暗号化されています。

wi-Fi暗号キー

Wi-Fiに繋ぐには、長いセキュリティーキーを入力しないといけませんが、不正浸入される恐れがありますので、定期的にセキュリティーキーを変更する必要があります。

 

では、有線LANのメリット・デメリットです。

有線LAN回線のメリット( ゚∀゚)
1. 通信速度が速いのが特長で常時安定している

2. 接続設定が手間いらず(簡単)

3. 通信がケーブル経由の為安全なセキュリティー

 

有線LAN回線のデメリット(。-ω-)
1. 配線ケーブルがあるので邪魔になる

2. 機器が比較的大きく移動しづらい

3. 接続数がポート数に限られる

 

有線LAN回線の最大のメリットは、『通信速度が速い』『電波に波が無く速度が安定する』の大きくは2点でしょう。

“安い”か”速い”かの2択のうちの1つをクリアしているので、十分なメリットですよね。

 

ガッツリ自宅でインターネット!って人は、選択の余地なく有線LAN回線を選ぶべきです。

 

インターネットを利用する場所によって選ぶ場合には、生活スタイルに合わせることが一番大切ですね。

 

Sponsored Link

安さ優先?速さ優先?

プロバイダ安い速い

冒頭でお話した、一番選ぶに迷う理由の2つですよね。

ココもシンプルに考えます。

 

選ぶポイントは…

予算内で、一番通信速度が速いプロバイダを選ぶこと』です。

 

インターネット回線を引く場合は“月額”ですので、例えば月間の予算5千円以内とか、1万円以内など決めておきます。

この予算内で、『一番通信速度が速いプロバイダ』を選びます。単純です。

 

毎月の予算の決めるポイントは、貯金する為のお金や、嗜好・お小遣いなどの支出から優先して捻出するのが一番いいです。

 

安い!速い!にこだわった厳選プロバイダはどこ?

おすすめできるプロバイダには、まず2点の条件を考えて選ぶ必要があります。

 

1点は、住まい地域。もう1点は住宅スタイル。

というのは、『地域限定最速プロバイダ』があったり、戸建てやマンションといった住宅スタイルに『対応していたりいなかったり』というプロバイダもある為です。

 

この条件も踏まえて紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

有線LAN回線で安い!速い!おすすめなプロバイダはココ!

とにかく1円でも安く!って思っているあなたは、ちょっと待って!

やはり『コスパ』は考えないとダメです。

 

あまりにも安いプロバイダを選んでしまって、後悔した!って声はたくさん聞きますし、良くある話です。特に、初めてインターネットをスタートさせる方は要注意。

 

安いプロバイダに良くありがちなデメリット(。-ω-)
1. 契約からインターネット開通まで時間が掛かりすぎ…。

2. 中途解約の違約金が高すぎ…。

3. サポートがずさん…。(カスタマーが電話に出ない、電話が有料)

4. 回線工事業者の態度が悪い…。

5. プロバイダ側サーバー容量が小さく、ネットアクセスピーク時間帯で通信速度ダウン…。

 

以上のデメリットは、これからおすすめするプロバイダでも、ケースとしてあり得ます。ただあまりにも格安なプロバイダは『日常茶飯事』で、十分あり得るデメリットです。

 

なので、安さを求めるなら『割引』を最大限に利用した、パフォーマンスの高いプロバイダを選ぶほうが、正直賢い選択です。

そこでおすすめできるプロバイダは、ココ一択。

 

Sponsored Link

auひかり(So-net)

auひかり
auひかり料金
平成29年 8月現在

現在も顧客満足度No.1を維持しているSo-netのauひかり。その中身を見ていきましょう。

 

Ⅰ. auスマホとセットで割引、スマートバリューがお得

auひかりで、一番メリットな部分。auでスマホやタブレットを利用している場合、1台に対して毎月最大2,000円の割引があります。

更に『家族割』なら、最大4人まで。つまり最大8,000円割引できるといったサービス。これは美味しいですよ。スマホ代割引ではあるけど、実質auひかりで割引されているのと一緒なんで。

 

Ⅱ. 支払いがスムーズで一元化できる

よくインターネット回線とプロバイダが、別々で請求されるケースがあります。別々だと、支払う手数料が余計にかかったり、支払先が増えるってイヤですよね。

auスマホとの請求を合併することで、毎月200円割引になるってメリットもあります。

 

Ⅲ. 通信速度の実測値が良い

他社にも最大1Gbps(ベストエフォート値)をうたっているところがありますけど、まず計測しません。auひかりも。

ですが、このベストエフォート値に近い実測値を叩くのは、実はauひかりなんです。

 

というのは、auは他社(NTTやSoftBank)と比べて利用者数はまだ少ないので、インターネットを利用する速度が他ユーザーに一番影響が少ないという理由。

例えるなら、渋滞道路を走る(他社)のと順調道路(au)の違い。この点は、ホントに大きいです。

 

Ⅳ. 対応エリアがまだ若干狭い

インターネット回線を提供している他社『NTT』と『SoftBank』は、共に全国90%を超える対応エリア環境を誇ります。

そこでauひかりは、まだ70%台。都心部はもちろん地方でもほぼ対応しているものの、郡など一部はエリア対象外の可能性はあります。ここは必ず事前に確認をしておきましょう。




auスマホをお持ちならセットでお得!【So-net 光 (auひかり)】

無線LAN回線で安い!速い!おすすめなプロバイダはココ!

無線LAN(Wi-Fi)を選ぶ一番の理由は、『外出先でいつでもネットが接続できる』という部分ですよね。

実際僕もポケットWi-Fiを使っているので、コレがおすすめです。

 

僕も、冒頭からの選択肢を考えてインターネット回線を選びました。

僕がインターネットを始めたのは、WordPressでブログを始めたのがきっかけ。ただ、本業ありきの環境(現在もですが)なので、それほどこだわりを持たずに決めています。

 

では僕のスペックで言うと…

◉インターネット利用目的
1位:ブログ運営
2位:ダウンロード
3位:ネットビジネス

◉外出派?自宅派?
本業もプライベートも、外出が比較的多い。7(外出):3(自宅)

◉ズバリ予算はどのくらい?
月間予算は5千円以内。

当初のスペックはこんなところ。

 

で、1つ目の選択肢で言えば『速い』が優先されます。2つ目の選択肢では『無線LAN回線』を選択。3つ目は予算5千円で、一番コスパの良い『速い+無線LAN回線』を選んだという結果です。

悩むところありませんよね?シンプルに考えれば、すぐ解答が出ます。

 

そこで、結果的に選んだのは…

WiMAX2+のポケットWi-Fiで、ギガ放題プラン。


お試し期間最大3ヶ月は、月額2,726円で以降は3,411円。まず安いです。スマホと違い、当然通信制限なんてのはありません。

 

通信速度は最大440Mbps。こちらはあくまでベストエフォート値で、東京・大阪・名古屋などの都心部であればあり得ますけど、地方や地方都市では、残念ながらまず最大計測はしません。

ただ、ポケットWi-Fiとしてなら十分。と感じたのが正直なところ。実際ストレスなくサクサク通信します。

 

持ち運び出来る携帯性が一番メリットなんですが、僕はクレードル(据え置き充電器+LANケーブル)も購入。

自宅では、『電波が不安定』というデメリットも多少解消。

WiMAX02

この充電器裏にLANケーブルを繋げられるので、PCへLANケーブルを繋げば電波もある程度安定するってわけです。

ポケットWi-Fiも、ここまで進化しているんですよ(笑)イイです。

 

まとめ

 

ちょっと長くなりましたが、いかがでしたか?

 

インターネットの契約は、2年や3年といった『縛り』があるので慎重になりがちではありますけど、冒頭からの選択肢をひとつずつクリアしていけば、おのずと『選ぶべきプロバイダ』が厳選されていくはずです。

 

ではまとめてみます。

インターネット回線選ぶPoint!

1. インターネットを利用する目的を考える。

2. インターネット利用先は外出先?それとも自宅?を選択する。

3. 安さ優先?速さ優先?予算内で一番通信速度が速いプロバイダを選ぶ。

 

この3つの選択で絞り込めれば、インターネット回線も『選ぶべきプロバイダ』が見つかります。

僕がおすすめするのは『auひかり』『WiMAX』の2択ですね。間違いないです。

 

ぜひ参考になさってみてください。

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA