free web hit counter

      2018/08/21

【結論】アフィリエイトを始めるインターネット回線のおすすめは?

 
アフィリエイトを始めるインターネット回線の結論おすすめは?

Sponsored Link

 

こんにちは!ぶるです。

パソコンが準備できたら、次は『インターネット回線を準備しましょう。

 

アフィリエイトを始めるために、どのインターネット回線がおすすめかと言うと、結論『自宅だけでガッツリ作業するなら固定回線、自宅でも外出先でも作業したいならポケットWiFi』です。

シンプルでしょ?

 

『アフィリエイトをする上で、パソコンを選びましょう』というこの記事でも書きました。

この理由とほぼ一緒です。大切なのでもう一度。

 

自宅のみでガッツリ作業するなら固定回線、外出先でも作業をしたいならポケットWiFi。まずここで、あらかたどちらかに決めておきましょう!

というのは『アフィリエイトの作業効率が一番良い環境で、固定かWiFiか選ぶ』というのが、料金や通信速度などの比較材料より、もっとも優先すべき理由だからです。

 

そこで、固定回線かポケットWiFiの選択を決めた後、その先で迷う理由がコレ。

①初期費用と利用料金
→最初はできるだけ費用を抑えたい!

②通信速度はどちらが速いのか
→通信速度は速くてサクサク作業したい!

③サービスエリアは対応しているか
→エリア外なら使えない!

④キャッシュバック制度はあるのか
→月々の支払いにあてて緩和させたい!

⑤契約の更新期間はどうなのか
→途中で解約する場合に違約金が発生することも!

⑥支払い方法の種類はどうなのか
→自分に一番都合の良い支払い方法をチェック!

この6点の比較材料は、この後に徹底解説していきますので、あなたにぴったりのインターネット回線を選んでいきましょう。

 

目次

インターネット回線はADSL、光ファイバー、ポケットWiFiの3種類

インターネット回線はADSL、光ファイバー、ポケットWiFiの3種類

まずインターネットに接続するには、パソコンなどの端末に回線を繋ぐ必要があります。

そこでインターネット回線には、主に3つの接続回線があります。『ADSL』『光ファイバー回線』『ポケットWiFi』です。それぞれの特徴を見てみましょう。

 

ADSL回線

自宅やマンションに引いている電話回線を利用して、インターネットへ接続します。通信状態も安定しているのが特徴。

ルーターがあれば、複数端末(パソコン、スマホ、タブレット、PSなどのゲーム機)にも接続可能。ただ、光ファイバー回線の台頭によって、現在では衰退つつありますね。

光ファイバー回線

『通信速度が速い』『安定した接続』の2点では申し分なくトップ。固定回線では主流となっています。

ADSL回線同様に、自宅やマンションのみで利用でき、もちろん複数端末にも接続できます。

ポケットWiFi

スマホ1台分ほどの端末機がルーターになっていて、無線で電波を飛ばしてインターネットへ接続する回線。

一番の特徴は『場所を選ばずにどこでもインターネットできる』点ですね。もちろん複数端末への同時接続が可能です。

 

ADSL回線と光ファイバー回線は、自宅やマンションなどの固定場所で利用できるインターネット回線。一方でポケットWiFiは、外出先でも場所を選ばずインターネットを利用できるという点が、固定回線とポケットWiFiの大きな違い。

 

では、固定回線とポケットWiFiそれぞれのメリット、デメリット。考えられることは、全て挙げているので見てみましょう。

 

Sponsored Link

固定回線とポケットWiFiのメリットデメリットを徹底比較

固定回線とポケットWiFiのメリットデメリット徹底比較

 

固定回線のメリット

固定回線メリット

通信制限がなく使い放題

通信量がほぼ『無制限』ということです。”ほぼ”というのは、auひかりで言うと『1日に30GB』という莫大ばくだいな通信量を使用しない限り、通信速度には影響しません。

30GBの通信量を例えると

①YouTubeで最高画質HD720pで約41時間観ることができます。

②62,700通あまりのメールを送受信できる。

③サイト閲覧なら約104,700ページ見ることができます。

 

“一日の通信使用量”ですからね。通信量においては、持て余してしまうほど快適です。

 

通信速度が速い

光ファイバー回線の通信速度は、とにかく『速い』です。インターネット回線では最速。そこで、どのくらい速いのか?というところ。

例えば”Yahoo!ニュースのトップページ”で例えると、Web容量が958.7KBあります。そこで、光ファイバー回線の主流である最大1Gbpsで表示したら、何秒で表示するのか?

ちなみに1KBは8bit(ビット)。なので、958.7KBをbit変換すると7,664Kb。そこで、光ファイバー回線の1Gbpsは、1,000,000Kb。するとこうです。

 

7,664Kb ÷ 1,000,000Kb = 0.007664秒。

 

単純に、理論上では『0.007664秒でページを表示する』という速度になります。十分どころか二十分すぎるくらいの通信速度なのが分かりますよね

 

常に安定した速度で接続できる

このメリットに関しては、あくまで『ポケットWiFi』と比較した場合。

いくら光ファイバー回線と言えども、インターネットの通信を提供しているプロバイダ、利用地域、利用時間帯の3つによって、通信速度が遅くなる可能性もあり得るわけです。

簡単に例えると、あなたと同じプロバイダを選んでいる人が、同じ地域で、同じ時間帯でインターネットを利用している環境だとしましょう。

そのプロバイダが提供している地域や時間帯で、『キャパオーバー』を起こしている場合=遅くなるといったケースもある。

 

ではこの問題は、プロバイダへ直接確認すれば分かるのか?というと、厳密な通信速度までは教えてくれません。厄介ですよね・・・。

ちょっと話がズレましたが、固定回線以上に通信が安定したインターネット環境はありません。プロバイダや地域、時間帯の通信状態を詳しく調べる便利なサイトがあるので、こちらを参考にするのも良いかも知れませんね。

ただ結論、ここまでこだわる必要性はないと思ってますけどね。

 

固定回線のデメリット

固定回線デメリット

インターネット開通に時間がかかる

固定回線は、インターネットをプロバイダ経由で契約しても、すぐには接続できません。早くて2週間、長くなると2ヶ月近くも待たないと利用できないケースも。

インターネット開通までの流れはこう。

インターネットサービスを提供しているプロバイダへ連絡して申し込みをする。
プロバイダより工事の事前調査が入り、工事日程を打ち合わせする。
工事当日前に、インターネット設置に必要な機器が届く。
約2週間~2ヶ月後、専門スタッフによる開通工事を開始。
インターネットサービスが使えるようになる。

一般的な固定回線の、インターネット開通までの流れです。

 

引越し時期の3月や4月、人事異動などの9月や10月は、最長で2ヶ月かかるケースもあるので、できるだけ避けましょう。

逆に工事閑散かんさん時期は、約2週間ほどで開通できます。いずれにしても、ポケットWiFiと比べると、固定回線は『すぐにインターネットが使えない』というデメリットは痛いですね。

 

自宅やマンションのみしか接続できない

固定回線で一番のデメリットであり、唯一のデメリットでもあるでしょう。

自宅やマンション以外の外出先では、インターネットに接続できないので、ポケットWiFiの特性と真っ向から正反対です。ただ、自宅やマンション内であれば、無線ルーターで寝室やキッチン、浴室、庭に至るまでどこでも接続できます。

アフィリエイト作業は『自宅のみでガッツリするってスタイルなら、逆に全く問題視する必要はないですね。

 

料金がポケットWiFi比較で若干割高

固定回線は、契約したらすぐにインターネットへ接続できるわけではなく、開通工事が必要です。

その工事費用は、契約先にもよりますけど、おおよそ18,000円〜。実際に専門の方が訪問に来て設置してくれるので、人件費も含まれていることから、高い費用になっています。

ただし、嬉しいことに条件によって『工事費用無料』のプロバイダもあります。後述しますね。

ちなみに、ポケットWiFiに工事費用は一切かかりません。

 

そして『月額料金』ですよね。

固定回線では、各社比較して一番安いプランで4,200円程度。ポケットWiFiは2,760円から。月額約1,500円差あります。

これからアフィリエイトを始めるなら、もちろん無収入からなので、月に1,000円程度とは言えども、抑えられるなら…ってところはありますからね。

 

Sponsored Link

ポケットWiFiのメリット

ポケットWiFi,メリット

場所を選ばずインターネットへ接続できる

ポケットWiFi最大のメリットです。

ポケットWiFiの端末1つで、対応したエリアであれば、どこでもインターネットに繋げることができます。例えばカフェや公園など気分転換したいとき、空港や電車、バス、タクシーなどの移動時にも接続できます。

 

アフィリエイト作業も、集中してガッとやるときもあれば、少し休憩しながらまったりと作業するときもあります。つまり、脳を休ませながら一番パフォーマンスの良い状態にして、パソコン作業することって、すごく効率が良いです。

ちょっと話がズレましたけど、外出先でもインターネットに接続できるメリットは、『ポケットWiFiならでは』です。

 

開通工事が不要でWiFi端末到着からすぐ繋がる

このメリットも、固定回線とは大きく違うポイントの1つ。

固定回線は、工事日程の調整からアポイントして、工事当日まで待たないと開通できないのに対し、ポケットWiFiは端末が届いてから、簡単な設定をするだけで、接続を開始できます。

もちろん、到着当日から外出先でもインターネットへ接続できます。

 

持ち運びが楽で携帯性に優れている

固定回線は、モデムと呼ばれる機器(インターネット通信を配給する機器)と、無線ルーターの2つの据え置き端末機を設置し、それぞれに接続ケーブルが必要。

一方、ポケットWiFiは『コンパクトな端末のみ』。大きさや厚みは機種によってさまざまですけど、ほとんどの端末は、今のスマホ本体ほどで非常にコンパクト。

バッグやポケットなどに入れていても、電波に大きくは影響しませんので、持ち運びが非常に楽ですね。

 

ポケットWiFi1台で複数の端末に接続できる

固定回線なら自宅やマンション内であれば、無線ルーターからパソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機など複数に接続できます。

ポケットWiFiは、『場所を選ばずどこでも複数の端末に接続できる』というわけ。

ちなみに、僕が持っているWiMAX2+は、最大10回線まで接続できます。

 

僕の場合、外出先でアフィリエイト作業をすると、ノートパソコン、タブレット、スマホの3台使うことがあるんですけど、それぞれ違うことを調べたり、表示画面(レイアウト)を確認したりします。

複数の端末を使えるのは、非常に便利です。

 

インターネット回線の中で最も安い

固定回線のデメリットで、お話したことと重複しますけど、固定回線は月額4,200円〜。一方ポケットWiFiは2,760円〜。またポケットWiFiには、開通工事もないので、一切費用がかからず。

料金面で優しいのはポケットWiFiですし、強みであるメリットの一つですね。

 

ポケットWiFiのデメリット

ポケットWiFi,デメリット

固定回線に比べて接続状態が不安定

なぜ接続状態が不安定なのか?というのは、『無線での接続』であるから。

固定回線のように、有線接続で通信を繋ぐ場合と、無線で拾う場合とでは、やはり安定感に差が出てしまいますね。

ですが、ポケットWiFiでも有線で接続することができます。この場合、接続している端末(パソコンやタブレットなど)のみに有効で、通信の安定感が『若干改善』できます。

飛躍的に改善されるわけではないです。ですけど、そもそも気になる不安定でもないので、あまり問題視するデメリットではないと考えていますけどね。

 

一定通信量を超えると速度が落ちる

固定回線では、auひかりが1日に30GB使用すると、通信制限があるとお話しましたが、ポケットWiFiの場合ほとんどが、『3日で10GB以上』使用すると、通信制限に入ります。

では通信制限が入ったら、どれだけ遅くなるのか?が、気になるところ。

これが驚き。WiMAXで言えば、『翌日18時〜翌2時の時間帯だけ、1Mbps〜7Mbpsになる』という、非常に緩い制限。

 

この1Mbps〜7Mbpsという速度、普通にYouTube動画も観れますし、インターネットも、画像ばかりのページでない限り、さほどストレスは感じないレベル。

結論、あまり気にすなっ!ってことです(笑)

 

WiFi端末の充電が必要(切れると使えない)

外出先で、場所を選ばずにインターネットに繋げられるのは良いものの、ポケットWiFi本体のバッテリーが切れてしまえば、一切接続できなくなってしまいます。

ただ僕の場合は、モバイルバッテリーも一緒にして持っているので、全く気にならないですね。

充電機器も一緒に持ち運びしていれば、バッテリーの不安はないです。強いて言えば、モバイルバッテリーが少し重いくらいかな…(笑)

 

電波エリアが弱い地域では通信が弱い

固定回線もポケットWiFiも、プロバイダによりきりで、通信できる対象エリアがあります。

そこで、場合によっては対象でないエリアであったり、拾う電波が弱いエリアだったりすると、最大限のパフォーマンスを出せず、速度が遅くなるケースがあるので注意が必要です。

 

ただポケットWiFiでも、全国的に中心部はほぼ対応エリアであり、現在もエリア拡大中。

ちなみに、僕の住まいである鹿児島ではこんな感じ。

WiFi提供エリア鹿児島

詳しく対応エリアであるかは、こちらでも確認できますので、ぜひ活用してみて下さい。

 

長々とメリットとデメリットを解説しましたけど、どちらも一長一短がありますよね。なので、ある程度理想から妥協しないといけない選択肢もあるはずです。

選ぶポイントは『あなたの生活スタイルに合うのは?アフィリエイト作業をメインで行なう場所はどこ?』という2つの選ぶ理由に、ブレがないように一つずつ選択肢を消していくことです。

 

Sponsored Link

固定回線とポケットWiFiでおすすめできる4社を6点で徹底比較

固定回線とポケットWiFiでおすすめできる社を6点で徹底比較

ここでは、固定回線とポケットWiFiでおすすめする大手サービス4社を紹介。

また冒頭でお話しした『迷うポイント6点』を、簡単に一覧にして比較してみました。

 auひかり
So-net


NURO光
So-net


WiMAX
得得BB


Broad
WiMAX


事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円
開通工事費実質0円実質0円0円0円
端末料金0円0円実質0円実質0円
月額料金戸建
4,200円

マンション
3,200円
戸建
4,743円

マンション
3,400円
3,609円~2,726円~
提供エリア参考リンク参考リンク参考リンク参考リンク
通信速度最大1Gbps最大2Gbps最大708Mbps最大708Mbps
キャッシュバック最大50,000円最大80,000円最大40,450円0円
契約期間36ヶ月更新24ヶ月更新36ヶ月更新36ヶ月更新
支払方法クレジット
口座振替
NTT請求
KDDI請求
コンビニ
クレジット
口座振替
クレジットクレジット
口座振替

 

数多くあるインターネット回線の中で、プロバイダも含めて『なぜこの4社に厳選したのか』というのは、もちろん理由があります。その魅力を1社ずつ伝えていきますね。

 

auひかり So-net

auひかり so-net

ココがPoint!

①初期費用が実質0円!月額大幅割引キャンペーン実施中!

②最大50,000円キャッシュバック!

③初回1ヶ月分無料キャンペーン!

④カスペルスキー(セキュリティーサービス)が2年間無料!

⑤途中解約であっても違約金が一切かからない!

 

初期費用が実質0円!月額大幅割引キャンペーン実施中

例えばフレッツ光。初期費用は18,000円かかり、ソフトバンク光は24,000円かかります。もちろんauひかりも工事費用がかからない訳ではありません。

一戸建てタイプで37,500円、マンションタイプでは30,000円かかります。

 

ですがこの初期費用、分割24回で支払いすると月額1,250円(マンションタイプの場合)です。この費用をそっくり割引としてくれる、つまり実質0円になる訳です。

 

この初期費用こそ大きな負担になりますから、無料であるキャンペーンは嬉しい限りです。

 

最大50,000円キャッシュバック

キャッシュバックは高額に越したことはないですけど、プロバイダによってさまざまな『条件』をクリアしないといけなかったり、数か月以上待たないと受け取れなかったりすることもしばしば。

決してキャッシュバック金額が高額だから!という理由だけで、判断はしないようにしたいところ。

 

そこでプロバイダSo-netはどうなのか?

①キャッシュバック金額水準は、auひかりプロバイダ7社中No.1の金額。

②キャッシュバック受取期間は、ネット開通から約1ヶ月で受け取れる。

この2つの理由だけで判断できてしまうかなと。キャッシュバックにも優れた対応なのがSo-net。

 

初回1ヶ月分無料キャンペーン

少額ではありますけど、嬉しい割引。

 月額料金大幅割引キャンペーンキャッシュバックキャンペーン
初月割引額4,200円5,600円
※月額料大幅割引キャンペーン、キャッシュバックキャンペーンどちらかを選択した方の金額

 

カスペルスキー(セキュリティーサービス)が2年間無料

このサービスは、Windows、Mac、AndroidのOSに対応しており、最大5台の端末にセキュリティー対策をしてくれるソフト製品。有名なセキュリティーソフトで言えば『マカフィー』や『ウィルスバスター』など。

サイトの安全性診断をしたり、ネット決済を安全に進行させたり、個人情報漏洩ろうえいを保護したり。ほったらかしで守ってくれます。セキュリティー対策は完備しておきたいですからね。

 

途中解約であっても違約金が一切かからない

auひかりのプロバイダの中でも、数少ない『違約金ゼロ』なのがSo-net。

So-net以外では、数ヶ月分請求するプロバイダもあれば、一定額請求するプロバイダもあるので要注意!まぁ解約しなければ良い話ですけど、事情が変わったりした場合には助かりますよね。

 

僕が、auひかりのSo-netをおすすめするのは『月額料金が安い』『キャッシュバック額が高い』の大きくは2点。もちろん速度も対応エリアも、他固定回線の水準をクリアしているので、まず間違いないプロバイダですね。

auひかり So-net公式ページ

 

NURO光 So-net

NURO So-net

ココがPoint!

①初期費用が実質0円!事務手数料の3,000円のみ!

②高額42,000円キャッシュバック!

③業界最速!最大下り2Gbpsを誇る通信速度!

④提供エリア拡大中!(関東圏中心エリアより随時拡大中)

⑤カスペルスキー(セキュリティーサービス)が永久無料!

 

初期費用が実質0円(事務手数料の3,000円のみ)

NURO光 So-netの初期費用、実は40,000円工事費用としてかかります。ですが、コレが実質無料。

40,000円(初期費用)×30回=1,333円(月額)

30回月額で換算すると、1,333円。この1,333円をそのまま割引してくれるというわけです。ので、負担になる費用はゼロというわけ。ややこしい料金設定ですけどね;うれしい限りですよね。

 

高額42,000円キャッシュバック!

42,000円というのは、インタネットのみを申し込んだ場合のキャッシュバック金額。さらに光でんわを追加すれば、最大58,000円になります。

あくまでアフィリエイト目的でネット回線を利用するなら、でんわまで必要ないですけど;

ちまたでは、いろいろオプションを付けないとキャッシュバックを受け取れなかったりする条件がなく、『無条件で受け取れる』ところもうれしいシステムですね。

 

業界最速!最大下り2Gbpsを誇る通信速度!

これにはカラクリがあります。固定回線の通信速度は、どの光回線であっても、規格上1Gbpsが上限。じゃあ2Gbpsって?疑問ですけど、複数台の端末を使用したときや複数世帯(マンションなどで共有)した場合、通信使用ピーク時に速度が落ちるってことが『まずない』です。

どんなに複数台でインターネットしようが、複数世帯がインターネットしていようが『安定した速い通信速度で利用できる』というわけ。

 

2Gbpsという通信速度のキャパがあるので、ストレスを感じるような速度遅延は、まずないです。それと、業界ではこのNURO光 So-netのみが提供している唯一のサービスでもあります。

 

提供エリア拡大中!(関東圏中心エリアより随時拡大中)

限られた主要地域エリアでのみ対応していますが、現在もエリアは拡大中。

東日本エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
西日本エリア大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県

ここでハッキリ言います。

固定回線にする場合、NURO光が対応しているエリアであるなら、迷わずNURO光にしましょう。コスパ最強の固定回線ですので、間違いありませんから。

 

カスペルスキー(セキュリティーサービス)が永久無料!

auひかり So-netでは2年間のみ無料でしたが、NURO光 So-netは『永久無料』です。

カスペルスキーを継続して利用する場合、月額599円から費用がかかりますので、断然お得な特典ですよね。

 

パソコンも、これから立ち上げるブログも、使い育てていくにつれて大きな『財産』に変わっていきますので、その財産を一瞬で消されたり、復旧不能におちいるようなことがあったら・・・って思うと、絶対にセキュリティーって保険はかけていた方が間違いないです。

 

NURO So-net公式ページ

 

WiMAX 得得BB

得得BB,WiMAX

ココがPoint!

①WiMAXプロバイダでは、他社を圧倒して最安値!

②キャッシュバック金額も、WiMAXプロバイダでは最高額!

 

WiMAXプロバイダでは、他社を圧倒して最安値

まず料金プランはギガ放題、つまり通信量に制限がないプランにしましょう。7GBや20GBなどの制限があると、アフィリエイト作業でも支障がありますから。

そこで、このギガ放題(使い放題)を前提に各プロバイダ別に料金比較表を作ってみました。

プロバイダ名ギガ放題
3年間総額費
月額平均
得得BB
WiMAX2+
112,160円3,115円
So-net
WiMAX2+
119,280円3,313円
BIGLOBE
WiMAX2+
126,310円3,508円
@nifty
WiMAX2+
128,140円3,559円
UQ
WiMAX2+
159,312円4,425円
Broad
WiMAX2+
131,526円3,653円

プロバイダ得得BBが最安値であるのが分かりますね。WiMAXプロバイダでは最安値。であるにも関わらず、きちんとキャッシュバックもキャンペーンとして存在しているので、費用を最小限に抑えたい目的なら、ピッタリなプロバイダですね。

 

キャッシュバック金額も、WiMAXプロバイダでは最高額!

キャッシュバック金額は、他社プロバイダ比較でも最高額の43,000円(平成30年8月時点)。ただ『毎月金額が少額程度で前後する』という点と、選ぶWiMAXの端末によって多少前後します。最高額であることには変わりありませんけどね。

 

得得BB WiMAX 公式ページ

 

Broad WiMAX

Broad WiMAX

ココがPoint!

①キャッシュバックが無い分、月額料金がシンプルで安い!

②クレジットカード決済の他に、口座振替での支払いも可能!

 

キャッシュバックが無い分、月額料金がシンプルで安い

WiMAXは、契約が3年で更新するプロバイダがほとんどですね。そこで、気になる『更新後の月額料金』です。

24ヶ月以降で、25ヶ月から料金が上がるプロバイダもあれば、料金据え置きのプロバイダもあります。何が言いたいかというと、この25ヶ月目以降は月額料金が『変動しない』ということ。契約中ずっとこの月額料金ということ。

長い目で見た場合に、毎月数百円、数千円もチリも積もれば大きな金額ですよね。ここに着目しておすすめするのが『Broad WiMAX』。

プロバイダ比較24ヶ月以降
月額料金
Broad WiMAX4,011円
So-net WiMAX4,250円
BIGLOBE WiMAX4,380円
とくとくBB
WiMAX
4,263円

インターネット回線は、契約先プロバイダを慎重に選びますよね。僕も契約時はいろんなプロバイダを比較して、結果的に今は6年目です。というのはまさにこの理由で、25ヶ月目以降の料金が安いという理由なんです。

 

クレジットカード決済の他に、口座振替での支払いも可能!

クレジットカードは持ちたくないという理由で、現金主義な人っていますよね。どちらかというと、僕も現金主義。高額ローン以外は、全て現金決済、もしくは即時決済のデビットカードくらいです。

また、カード決済派と口座振替派どちらかで支出管理している方が多いのではないでしょうか?僕は、口座振替のみで管理している分、明細を確認するのも楽ですね。

 

BroadWiMAX 公式ページ

 

まとめ

長々とお読みいただいてありがとうございます。

ここで、もう一度インターネット回線を選ぶ順序を、チャートでまとめていきますね。

 

STEP1.自宅中心で作業する=固定回線 OR 外出先中心で作業=ポケットWiFiを決める。 
STEP2.あなたに合った生活スタイル(作業場所、作業時間、パソコン)をメリット・デメリットに当てはめて、更に固定回線なのかポケットWiFiなのかを選択する。
STEP3.インターネットは通信無制限(ギガ放題)がおすすめ。その中で、生活に負担とならない料金プランのプロバイダを選ぶ。

大きくはこの3チャートですね。

アフィリエイト作業を始めるためのインターネット回線を選ぶ』という目的で、おすすめできるプロバイダをご紹介しましたので、超ハイスペックでもなければリーズナブルで安い、そしてコスパの良いという点で選んでいきましょう。

 

Sponsored Link

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です