2017/03/16

読者に都合よく文章を解釈されないコツ

 

The following two tabs change content below.
ぶるろまん
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

ブログに限らず読者は、記事文章に対して各々自分なりに解釈しています。この「自分なりに解釈する」という筆者と読者のブレを無くす文章を書くコツをお伝えしていきます。

伝える側の筆者と伝わる側の読者。なぜそこに解釈のブレが生じるのか?

答えは簡単。“筆者が伝えたい読者へ理解できる記事内容にする”ということ。

 

筆者の記事文章、内容が薄いほど読者とズレる

記事内容が薄くなってしまうのは、いろいろ原因があります。読者像(ペルソナ)が明確になってない、読者目線や考え方を持たずにひとりよがりな文章になっている、読者があらかじめ「理解しているであろう」という解釈の文章になっていたり。

こういった原因が、筆者が本来伝えたいはずの本質と読者の「知りたい的(まと)」から大きくズレて、温度差が生まれてしまいます。

 

伝えたい内容は徹底的に記事へ盛り込む

ブログ記事には1記事ずつ必ずテーマ存在します。例えば”WordPressでプラグインをインストールする方法”というテーマであれば読者像は・・・

■ 初めてWordPressでプラグインをインストールする
■ プラグインって何ですか?というレベルである
■ プラグインのインストール方法を知らない
■ プラグインにはどういった種類があるのか知らない
■ プラグインをインストールした後の注意点を知らない

この状態を踏まえた上で、読者が分かりやすいように理解できる文章でイメージで記事にするということが、この記事本来の目的なはずです。

ということは、読者像であらかじめ考えられることを徹底的に掘り下げて記事にするのです。

 

まとめ

読者は記事を、文章を、イメージを自分なりに解釈します。

筆者は、あらゆる解釈をさせないために伝えたい読者像が、分かりやすく理解できるよう徹底的に掘り下げて記事を作り上げる。

どの記事よりも、伝えたい読者に自分の記事が一番有益な情報だ!と自負できる記事を作りましょう!

スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です