2017/06/21

読者の心に伝わる記事の感情効果とは?

 

The following two tabs change content below.
ぶるろまん
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

人の「感情」について、基本となる考え方をまとめています。アフィリエイトでは、読者が購入をする行動に移るのは、紛れもなく「感情」が動くからです。

読者の心を動かすライティングとは何か?を検証していますので、ぜひ参考にしてみてください。

記事で伝わる感情とは?

 

コピーライティングを読むのは、ロボットではなく「人間」です。

感情を持っているので、もちろんほぼ棒読みになるような記事になってはいけません。

ボクシングの例えに似ていますね。

 

ジャブ・・ジャブ・・ストレート!という流れと言うと分かりやすいと思います。

この感情には、伝えて「良い感情」と「悪い感情」があります。それぞれどのような感情があって効果をもたらすのかを、検証形式でお伝えしたいと思います。

 

伝えたい良い感情とは?

コピーライティング記事は、「キャッチコピー記事 ⇒ ボディ記事 ⇒ クロー ジング記事」という構成ということを、コピーライティングの記事構成でもお伝えしました。

この構成を念頭に踏まえたうえで、「感情」を入れていきます。

その代表的な感情とは?
好奇心
■ 親近感
■ 安心/信頼
■ 感動
■ 満足/感謝

この5つの感情を伝えられたら、言葉の選定にもよりますけど、かなりクオリティーの高い記事に仕上がるはずです。また、何より「来訪リピーター」になっていたける効果もあります。

では、この5つの感情がもたらす効果を、お伝えしていきます。

 

1.好奇心

この好奇心というのは、別のニュアンスなら「興味を持ってもらう」という事ですね。

・物販アフィリエイト ・・・ スペック・性能・効果・持続性など
・教材アフィリエイト ・・・ 著者紹介・著者実績・成果など

冒頭では、キャッチコピーとして大々的にアピールしていくので、極端な話「驚愕レベル」でも大丈夫です。この好奇心を掴めば、まずはOK。次のステップまで目を進めてくれます。

 

2.親近感

この感情も大切です。読者があなたの記事で、どれだけ歩み寄っていただけるか?という距離感を縮めるところになります。
ここは、あなたが設定したペルソナ自身で、言葉遣いやニュアンスが変わって行くはずです。

例えば・・・
30代主婦 ・・・ 友達感覚が強く、柔らかいタッチの言葉遣いと同調を意識した内容
50代既婚男性 ・・・ 紳士的な言葉遣いでありながら、下手な目線で分かりやすい丁寧な内容

このように、ペルソナに合わせた文章・言葉遣いを考えて記事を作って行きましょう。

 

3.安心/信頼

この感情を持っていただくのは、ハッキリ言って「簡単にはいきません」。

安心感/信頼というのは、色々な部分が影響していきます。例えば、記事数・記事内容(実績から、自信のあるタッチ)・経験値・経歴など。
この感情を持っていただけると、「記事に興味」から「あなたに興味」というステージまで進められたと思っていいと思いますね。

 

4.感動

この感情は、アクセント的な形で入れていくといいと思います。
一番多いのは、ブログやサイトの作り方や運営方法、記事の書き方や要点ポイントなどの「講座」に近い内容ですね。もちろん、日常の感動ストーリーなどの記事も良いです。

 

5.満足/感謝

上記1~4部分の記事を読んだ結果、「満足や感謝をされたか?」というポイントです。
この感情は、また来訪してくれるという「リピーターになるか?ならないか?
の境界にも影響していきますので、重要な感情です。

 

伝わってはいけない感情とは何か?

伝えたい感情と逆に、「伝わってはいけない・伝えなくて良い感情」も知っておく必要がありますので、ここでお伝えしていきます。

伝えてはいけない代表的な感情とは何か?
■ 不安/困惑
■ 不快/怒り
■ 不満足/虚空感

いずれも「嫌な感情」が並んでいますね。
記事を書いている中途では、気付かない場合もありますので、記事の完成後は「必ず読み直す」ことをしてください。

これをしないと、記事の精度が上がりませんし、ましてや上記3つの嫌な感情が発せられる言葉・文章が書かれていた場合、記事効果は「ゼロ」以下で、「マイナス」にも成りかねませんので、要注意です。

では、一つずつ検証していきましょう。

 

1.不安/困惑

この感情の原因は、多くあります。
例えば、「ブログやサイトテーマと記事が合っていない」や「記事内容に虚偽がある」や「記事が短く、抽象的」など。

ブログやサイトのキャッチコピーやテーマと記事内容は、少なからず「どこかで関連点で繋げる」ようにしましょう。また、記事に虚偽というのは大げさな言い方かも知れませんが、ようは「知ったかぶりはしない」ことです。

この影響は致命傷ですね。記事を読まれた訪問者は、恐らく二度と来てくれる事はないと思います。

「記事が短く抽象的」というのは、リサーチした商品記事や説明などは、これでもか!くらい徹底リサーチした内容に仕上げてから記事にするようにします。

中途半端な内容であると、記事を書いた労力と時間が無駄にしてしまう可能性もあります。

 

2.不快/怒り

この感情を抱かせてしまうのは、よっぽどの事がない限り無いと思いますが、代表的な原因としては「誹謗中傷」などが要注意です。
記事は、基本的に「否定的な内容」は控えます。自分の中だけで解決・解消しましょう。

 

3.不満足/虚空感

この感情は、上記1、2の延長線上によって発する感情と思ってください。
読者にプラスになる感情とマイナスな感情をお伝えしましたけど、最後にもう一度言います。
記事を書き上げたら、「必ず読み直しと添削」をするようにしましょう。誤字脱字発見にもなりますし。

記事のクオリティーを上げる手段は、とにかく「書いて書いて書きまくる」に尽きます。経験値を積み上げていくことで、必ず上達していきます。

スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です