2017/06/21

読みやすく分かりやすい!記事の書き方とは?

 

The following two tabs change content below.
ぶるろまん
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

文章の構成は、参考記事:コピーライティングの記事構成をご覧になってください。ここでは読者が読みやすく分かりやすい記事を書くコツをお伝えしていこうと思います。

読みやすい記事のポイント

記事は、内容がもちろん最重要でありますけど「読みやすさ」というものも、とても重要なポイントです。

読んでいて、言葉がだらだら長文で羅列されていたり、句点を使わず永遠と長文になっていたり。

 

読者がストレスを感じてしまったり、記事中途で閉じられてしまったりした時点で、結果的に「×」という事だと思うんですよね。記事内容についてのポイントは後述しますので、まずはこの「読みやすい記事」を考えてみてください。

 

見出し、段落ごとに「一行以上」空ける

伝えたい記事を一文空ける事で、グッと読みやすさが上がります。というのは、読者は一文を読むのも「集中力」を使っています。集中力が持続するのは、多くて5行くらいまでと考えています。

もし長文になりそうな文章になるようなら、少なくとも5行までにして、以上になるようなら「もう一度読み直して、文章を組みなおす」という癖を付けていきましょう。

 

長文になるというのは、「要点をまとめきれていない」という傾向が強く、読み手目線で書けていないという原因が考えられます。記事を仕上げた後の「確認」を、しっかり行ないましょう。

 

イメージ画像を使う

記事のメインになるのは、もちろん「文章」ですが、この文章をイラストや写真を使用してイメージを作るという手段も大切です。ただ、闇雲に使用し過ぎるのは厳禁です。

あくまで「アクセント」として使っていき、この文章はイメージして欲しいという時にだけ使っていくことで、活かされていきます。

使うのは・・・

  • 写真
  • イラスト
  • グラフ・表
  • 動画
  • 漫画

などが挙げられますね。

ちなみに、画像を使用する際は下記サイトがおすすめです。僕も常に利用させていただいているサイトです。商用使用可ですし、無料の素材や画像がたくさん用意されています。

◆tadapic(タダピク) http://www.tadapic.com/

◆写真AC http://www.photo-ac.com/

◆フリー写真素材「マテリアル」 http://photomaterial.net/

◆フォトスク http://photosku.com/

◆PAKUTASO https://www.pakutaso.com/

参考にしてみてください。

 

一行は、できるだけ「短く」

そもそも長文というのは、「伝える」という力が弱いのです。

その一行が長ければ、「どこにポイントを置いているのか?」という重要なことが薄れてしまいます。更には、誤字脱字などのミスも多くなりがちです。

更にさらに「文章の意味」すら迷走してしまう傾向も強いです。

 

逆に短文には、この「伝える力」が数十倍もあります。アクセントもしっかり伝わりますし、読んでいて「気持ちよさ」すら感じます。

あまり短すぎるのも良くありませんので、だいたい多くても「100字以内」であれば、ベストな文章内容に仕上がると思います。

ここも重要なポイントなので、抑えておきましょう。

スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です