2017/06/21

コピーライティング初心者の失敗しがちなケースとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

まだコピーライティングを始めて間もない、もしくはブログを開設して間もない方必見!コピーライティングをする上で、失敗しがちな例を挙げていきます。

この記事内容を理解しておくだけで、かなり事前に改善できるはずですので、参考にしていただければと思い、お伝えします。

失敗は、成功の元。

初心者のうちに、たくさん失敗をすることは大切ですが、失敗ときちんと向き合って理解することも大切です。

初心者コピーライティング2つの失敗

初心者のライティングで、大きく2つの失敗を「やってしまいがち」と考えています。

ペルソナ(ターゲット)の存在が消え、わが道でライティングしてしまう
オーソドックスでありきたりな文章になってしまう

この2つは、失敗する中でも多い要因ですね。

というのは、実際に私も「失敗した経験があります」。たくさん。だからこそ、これからコピーライティングを養成していく方々には、あからさまに失敗して欲しくないのが本音です。

では、順を追って説明していきます。

 

ペルソナ(ターゲット)の存在が消え、わが道でライティングしてしまう

自分のブログを既に立ち上げている方は、ペルソナ(訴求相手)設定していますね。

ペルソナに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

事前にリサーチしたものを記事にしていくのですが、あくまで「読者(ターゲット)へ向けた文章」でなければならないものの、記事内容が「ターゲットから見て、興味や関心の無い記事」になってしまっているということです。

ここでもう一度・・・

記事が、ターゲットとする読者へ訴求する内容になっているか?
ターゲットが読むとして、理解できない・分からない内容になっていないか?
クロージング記事で言えば、ターゲット読者の「欲」を引き出せているか?

という記事確認をしましょう。

この確認を、早い段階で「気付かない」と、だんだんターゲット読者への訴求から、かけ離れていく危険性があります。ここに陥ると、一番厄介な「迷走」が始まります。傷の浅い段階で、軌道修正をしましょうね。

 

オーソドックスでありきたりな文章になってしまう

ありきたりな文章、接続詞、単語の羅列記事だったり、修飾語を連続して使用したりすることで、信憑性を損ない、怪しく感じたり、不信感を抱きがちになります。ここは要注意です。

 

例えば・・・

1.ダイエットサプリで「激的にやせる!」今までに無い革命的な大人気商品!!

2.サプリで痩せる“今注目されている商品” 実際に使用者方が月平均9kg減。

「やせる」「サプリ」というキーワードは主観的単語です。

では、実際に1にある「激的にやせる」という主観は、人それぞれ感じ方が違いますし、「革命的な」という抽象的な修飾語を伝えられても、イメージできませんよね?

逆に、2にある「使用者が月平均9kg減」という「事実」を明確さに信用性があります。

コピーライティング初心者として、やりがちな「強引でインパクトの強い修飾語を使う」という傾向。ここ要注意です。記事としては、本来「客観視した事実性の高い記事」が理想なのです。

 

まとめ

初心者にありがちな2つの失敗

1.ペルソナ(ターゲット)の存在が消え、わが道でライティングしてしまう

◆ 記事が、ターゲットとする読者へ訴求する内容になっているか?

◆ ターゲットが読むとして、理解できない・分からない内容になっていないか?

◆ クロージング記事で言えば、ターゲット読者の「欲」を引き出せているか?

2.オーソドックスでありきたりな文章になってしまう

「強引でインパクトの強い修飾語を使う」という要注意点。記事としては、本来「客観視した事実性の高い記事」が理想。

これから記事を書いていく中で、一つ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. さっち より:

    こんにちは。
    さっちと言います。

    >ペルソナ(ターゲット)の存在が消え、わが道でライティングしてしまう<

    記事を書くだけで、アップアップなので、ついこれをやりがちです。価値あるブログを作ろうと思っているのですが・・

    とても参考になりました。ありがとうございます。
    また、遊びにきます。

    • ぶるろまん SHINJI より:

      さっちさん、いつもコメントありがとうございます。
      実は、僕もやってしまうがちな一つです。。ただ「教養記事」に関しては、「知っておいて損は無く、お得な情報」という内容が中心ですので、“伝えたいことを整理した上で書く”でいいと思いますよ。コピーライティングの中でも、いわゆる「キラーページにあたる記事」は、しっかりターゲットを絞った上で、訴求する記事に仕上げるといった考え方です。ライティングの世界は、簡単そうで奥が深いです。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA