2017/09/21

強力なライバルサイトに勝つコンテンツの書き方あった!その中身とは?

 
強力なライバルサイトに勝つコンテンツの書き方とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

ライバルコンテンツに挑み続ける、殴られても蹴られても立ち上がるぶるろまんです(笑)

 

あなたも当然のこと、検索順位1位に表示されたい!って思いながらコンテンツは作りますよね。

 

ちょっと余談。

「ライバルサイト」って検索したら、「ライバルサイト 蹴り落とす」ってサジェストキーワードが出現…。ちょっとびっくり;

それだけWebという土俵では、バトルが繰り返えされているんですね。

 

ライバルサイトとは言っても、超有名なサイトやドメイン力の強いサイトだけが上位表示されていないって気付いていましたか?

 

何が要因になっていると思いますか?

今回テーマはコレ。

 

ブログ駆け出しのあなたでも、強力なライバルサイトに勝つための記事とは?という内容を、お話していきます。

 

Sponsored Link

検索順位別クリック率

検索順位別クリック率

そもそも検索上位に登りつめると、どれほどの効果が期待できるのでしょう。

ココ気になりますよね。

 

検索結果は、Googleで言えば『1ページ10件まで表示』されます。

そこで、10件までのクリック率を引用させていただき載せました

 

 

 2017年検索順位別クリック率 

 

1位 :21.12%

2位 :10.65%

3位 : 7.57%

4位 : 4.66%

5位 : 3.42%

6位 : 2.56%

7位 : 2.69%

8位 : 1.74%

9位 : 1.74%

10位: 1.64%

※引用元 SEO Pack

一番驚きは、1位と2位の差。ほぼ2倍の差がつくわけです。

最下位比較だと、約20倍。もはや1位表示のコンテンツに、アクセスを持っていかれてしまうのが現実。

 

強力なライバルサイト蹴り落とす勝因とは?

強力なライバルサイト蹴り落とす勝因とは?

すみません。。『蹴り落とす』を使ってみたかったので(笑)

 

ライバルサイトをチェックすると、共通する点が2つあります。

それは…

・ペルソナが一緒

・書かれているコンテンツ内容がほぼ同じ

ってこと。

 

ここに勝利の女神が、いやらしい微笑みを浮かべる要因が隠されています(笑)

それは、2つ目の共通点。つまりコンテンツ内容にあります。

 

Sponsored Link

Googleはオリジナルコンテンツを評価する

Googleはオリジナルコンテンツを評価する

強力なライバルサイトでも、コンテンツをチェックすると、書かれている内容が一緒なことが多い。

 

ひとつ例に、「読みやすい 文章」って検索して1ページ10件のコンテンツをチェックしてみて下さい。笑えないくらいソックリコンテンツです。

 

こういったコンテンツ、もちろん深く掘り下げて書かれているからこそ、上位表示されています。

ただ検索ユーザーからすると、「ここも同じ内容かぁ…」と退屈すること必至。

 

そこで、あなただけのオリジナルコンテンツが火を噴くわけです。

 

実際Googleが、オリジナルコンテンツを評価することは、Googleフォーラムでも言われています。

 

結論、ペルソナが同じというライバルサイトとの差別化で、一番有効なのが『オリジナルコンテンツ』です。

 

オリジナルコンテンツってなに?

オリジナルコンテンツってなに?

じゃあオリジナルコンテンツって何?って思いますよね。

 

少し例を挙げます。

 

 例① 

 

ペルソナ

画像編集アプリ●●が便利!使い方を徹底解説するよ!

※ペルソナは、●●アプリって使いやすい?使い方が知りたいって設定

 

コンテンツ内容カテゴリー(ライバルサイト編)

・こういった使い方が便利

・基本的な使い方解説

 

コンテンツ内容カテゴリー(オリジナル編)

・こういった使い方が便利

・●●アプリのインストール方法

・基本的な使い方解説

・コレも使える!画像編集アプリ紹介

 

 

オリジナルコンテンツに、赤字の内容を盛り込む。たったコレだけの違いでも、検索ユーザーの満足度は大きく違ってきます。

 

 例② 

 

ペルソナ

Googleアドセンスが劇的に収益アップ!広告を貼る場所はココ!

※ペルソナは、Googleアドセンス審査通りたて初心者。アドセンス広告を貼ってるけど、思うように収益に繋がらない。効果的な表示場所が知りたい!っていう設定

 

コンテンツ内容カテゴリー(ライバルサイト編)

・効果的な広告表示場所

・コンテンツごとの表示広告数

・Googleアドセンス収益実績

 

コンテンツ内容カテゴリー(ライバルサイト編)

・Googleアドセンスの平均広告収益

・Googleアドセンス広告クリック率

・効果的な広告表示場所

・コンテンツごとの表示広告数

・アドセンス収益発生までのグラフ

 

 

ペルソナはアドセンス初心者。

よって、Googleアドセンスの概要コンテンツと収益発生までの経緯グラフも、盛り込むと親切ですよね。

 

Sponsored Link

まとめ

ガチコン強いライバルサイトも、強力なオリジナルコンテンツ波動砲で落とし込むことだってできるってこと(笑)

コンテンツは自由。あなたが書きたいことを書く。それがブログ。

 

負けたっていいじゃん!倒れたって何度も挑戦すればいいんだから!逆に1位に君臨するコンテンツは、常にプレッシャーだよね。

 

検索ユーザーの欲求を、ライバルに無い違う視点で満足してもらえるコンテンツは強いと思う。

 

常に挑戦する気持ちで、あなたエッセンスのオリジナルコンテンツで戦ってみてください!

 

こちらの記事もおすすめ

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA