サジェストキーワード完全解説&超使える一括取得ツール4選!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

今「元気ですよおぉぉ!!」と叫びたくなるほど元気なぶるろまんです(笑)

 

ども。サジェストキーワールドへようこそ(笑)

冗談はさておき、「サジェストキーワード」って聞いたことあっても、さわりくらいしか知らないって人が多いんですね。

 

まず、最初に言っておきます。

サジェストキーワードは超重要です。うる覚えなら、ぜひこのコンテンツで理解しておきましょう。

 

サジェストキーワードは簡単に言うと、検索エンジンで入力したメインキーワードに「追尾されるキーワード」のこと。

 

このサジェストキーワードの活用はコレ!

  • 検索ユーザーの検索欲求を見える化する
  • メインキーワードに対して「検索ユーザーが何を知りたいのか?」が分かる
  • サジェストキーワードから、関連・連想キーワードが生まれる

 

この効果を知って、「すごく重要じゃない?!」って思われたあなたはホンモノです。

 

今回サジェストキーワードを、より理解したいあなたに分かりやすく具体的に解説していきます。

 

では本題に入りましょう!

Sponsored Link

サジェストキーワードとは?

 

まずここで、サジェストキーワードとは何?という基本を説明します。

 

例えば、Googleの検索エンジンで知りたいキーワードをまず入力してみると・・

サジェストキーワード

検索窓に入力した時点で現れるキーワード。これが「サジェストされたキーワード」です。

 

あなたが入力したキーワードから、「良く検索されるキーワード」が自動で表示されます。要はユーザーが検索する「回数(ボリューム)の多いもの」と言えます。頭良過ぎですよ・・Google先生(笑)

 

また、この検索ページ最下部にもサジェストキーワードが表示されます。

サジェストキーワード1

ここでのサジェストキーワードは、「入力したキーワードに関連したキーワード」を、Google先生が選出しています。

ではここで質問。

 

優先するサジェストキーワードは?

 

トップの検索窓で出現したサジェストキーワードと、最下部に出現したサジェストキーワード。どっちを重要視するの?って思いますよね?そもそもサジェストキーワードを要する根本的な目的は・・・

検索ユーザーが、どのようなキーワードを使って悩んだり、知りたがったりしているか?

ですよね?

 

つまり、検索窓で出現したサジェストキーワードを優先するのが基本です。

ですが、ここで注意!

 

ホントの最終的な「質の高いサジェストキーワード」であるかを査定するのは、キーワードプランナーを使って検索ボリュームが多いという検証を得てからにしましょう。

 

では次に、サジェストキーワードをどう使っていくのか?使うことでSEOにどう影響するのか?を説明します。

Sponsored Link

サジェストキーワードの活用方法

 

サジェストキーワードは、結論から言えば検索ユーザーにとって「欲求度の高いキーワード」なわけです。

これは、使わない手はありませんよね?!むしろコレだけを使うべきです。

 

では具体的に、サジェストキーワードはどう活用していくのか?大きくは2つです。

  1. 多くの検索ユーザーが求めるコンテンツのネタにする
  2. サジェストキーワードから関連・連想できるキーワードの発掘

この2つ。それぞれ解説します。

 

多くの検索ユーザーが求めるコンテンツのネタにする

サジェストキーワードは、多くの検索ユーザーが求めているキーワード。

このキーワードで、検索エンジン上位表示している競合ページ(コンテンツ)より、更に質の高いコンテンツを作り上げることで、あなたのコンテンツが上位表示されればどうなりますか?

  • あなたのコンテンツページを見る検索ユーザーが増える!(PVアップ
  • 新規ユーザー(初訪問)から、ファンが増える!(ブランディング力アップ
  • 多くの訪問から、アフィリエイト商品が売れる!(収益アップ
  • このコンテンツによって、他のコンテンツも読まれる!(リピーター獲得

 

こんなにもメリットがあります。

 

サジェストキーワードから関連・連想できるキーワードの発掘

サジェストキーワードから、新たなキーワードを発掘できる!どういうことか?一言で言います。

「抜け道」です。

 

そこに道はあるのに、目的地までめっちゃ近道なのにだ~れも知らない。そんなイメージ。

いわゆる「お宝キーワード」とも言います。

現実に話を戻します。

 

データで言えば、検索ボリュームはめっちゃ多い!なのに、いざ検索してみると・・・

あれ?ライバルサイトが少なっ!ってやつです(笑)

 

元のサジェストキーワードから、あなたが関連した連想したキーワードをエッセンスして生まれた「お宝キーワード」。

なかなかお目にかかれないですが、一撃必殺!ドラクエで言う「かいしんの一撃!」効果も期待できます。

 

では次に、カンタンに多くのサジェストキーワードをGetできるツールたちをご紹介!

Sponsored Link

サジェストキーワードを取得できる便利ツール4選!

 

一旦、ここで一文でまとめます。

サジェストキーワードは、検索ユーザーが多い欲求度の高いキーワード。質の高いコンテンツを作る上で必要不可欠!

という結論です。

 

ただ、ではどうやってサジェストキーワードを集めるの?って問題。

ありますよ!とっておきのツールたち(笑)

 

僕が実際に使っているものを、惜しみなく4つぜ~んぶ教えます!

 

1. kouho.jp

サジェストキーワード2

サーチできるサイト

  • Google
  • Amazon
  • 楽天
  • Bing
  • はてな連想語
  • Yahoo!知恵袋
  • Twitter共起語
ここがイイ!
アフィリエイトに便利な「Amazon」「楽天」からGetできる。また、イメージ画像にある赤枠の「はてな連想語」「Yahoo!知恵袋」「Twitter共起語」は、お宝キーワードを発掘しやすい。

 

 

2. Googleサジェストキーワードツール

サーチできるサイト

  • Google
  • Yahoo!
  • Bing
  • Amazon
  • ユーチューブ
ここがイイ!
ベースになっているのは、一番王道なGoogleなのがイイ!あと、検索数はNo.1。動画サイトNo.1の「ユーチューブ」からのサジェストキーワードを選出できるのも◎。

 

 

3. 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

サーチできるサイト

  • Google
  • 教えて!goo
  • Yahoo!知恵袋
ここがイイ!
ちょっとショボイな・・と思いがちなツールサイトですが全然!検索数は、kouho.jpより多い。教えて!gooからのサジェストキーワードはオリジナル。

 

 

4. goodkeyword

サーチできるサイト

  • Google
  • Yahoo!
  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天
  • Amazon
  • ユーチューブ
  • NEVERまとめ
  • ウィキペディア
ここがイイ!
なんと言っても検索先の豊富さ。またGoogleトレンドと連携していて、10年以上もの期間の検索ボリュームをグラフ表示しているツールあり。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?サジェストキーワード。

全く知らない人も、うる覚えな人も、ぜひ参考になさってみてください。

 

ポイントは結局のところ・・・

サジェストキーワードは、検索ユーザーが多い欲求度の高いキーワード。質の高いコンテンツを作る上で必要不可欠!

 

ここに行き着くと、僕は断言できます。

 

質の高いコンテンツを提供するという目的があるならば、検索ユーザーが”一番初めに行き着くところ“を結果としたいですね!

 

今日もここまで読んでくれてありがとうございます^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA