2017/03/16

文章が変わる!正しい語法で伝わる記事を書くコツ

 

The following two tabs change content below.
ぶるろまん
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

記事の文章を書くときに、あなたは「語法」を意識したことありますか?語法とは、簡単に例えると“文章をブラッシュアップさせるオプション”のようなもので、文章の印象を大きく変える影響力を持っています。

文章のブラッシュアップというのは、読みやすさだったり、分かりやすさであったり、長文になり過ぎずに整理した文章であったり。

またこの語法にはルールがあり、ここを間違えると、筆者の文章表現と読者の解釈に「ズレ」が生じますので、ここも含めて解説します。

スポンサーリンク

修飾語は修飾とする言葉と距離を離さない

修飾語と修飾する言葉が離れてしまっている場合、文章全体の解釈が複数生じてしまうというポイントを、お話します。

早速、例を挙げます。

【×例】 年間で、特に海外出張の割合が多い夏期は、旅行客とのフライト予約が重複しないよう気を付ける。

【○例】 年間で海外出張の割合が多い夏期は、旅行客とのフライト予約が重複しないよう、特に気を付ける。

【△例】 年間で海外出張の割合が多い夏期は、特に旅行客とのフライト予約が重複しないよう、気を付ける。

もうお分かりですね。例で挙げている修飾語は“特に”で、修飾している言葉は“気を付ける”です。

×例は、修飾語は”特に”が、修飾している言葉を”海外出張の割合が多い夏期”指しており、間違った解釈されてもおかしくない文章になってしまいます。

解釈がズレれば、読者との意思疎通がずれて“伝わらない文章”になります。

分かりやすくショート文章で例えると…

【×例】 刺激的な上司に恵まれた環境

【○例】 上司に恵まれた刺激的な環境

刺激的なのは“上司”ではなく、“環境”ですね。

まとめPoint
修飾語と修飾する言葉が離れてしまうと、解釈がズレる。
修飾語と修飾する言葉の距離は、できるだけ“短く”する。

文の末端は「…です・…ます」か「…である・…だ」かで統一する

「…です・…ます」と「…である・…だ」の違い

まずこの二種類の語法知識を理解しておきましょう。

敬体「…です・…ます」
読者へ語るような伝え方をする場合に使い、丁寧で柔らかく優しいイメージを印象として与えます。

 

 常体「…である・…だ」
筆者の意見や考えを主張する場合に使い、主には業務上やレポートです。読者へ、サッパリ・スッキリしたイメージを印象として与えます。

冒頭から最後まで「敬体」か「常体」で文章は統一する

この二つの語法による文章は、“筆者像イメージ”が異なります。

つまり、“筆者はどちらかのイメージを最後まで統一する”ことです。

注意したいのは、筆者自身が自信のある文章部分が「常体」になり、割と自信がない文章部分が「敬体」になっているケースです。気付かない中で、僕もかなりこのケースの文章を書いた記憶があります。

こうなると、理にかなった説得力のある文章も、筆者像イメージが途中から変わると「伝わりずらい」文章になってしまうことがあります。

まとめPoint
敬体と常体の語法違いを理解する。
文章の冒頭から最後まで、敬体か常体かどちらかで統一する。

スポンサーリンク

読点を正しく使うことで「伝わる文章」になる

読点というのは「、」のことです。この読点を使う分類は、大きく分けて3つあり、「文章に区切りを付けること」「前後の文章を強調させること」「文章を読みやすくする」の目的で、多く使うことがあります。

文章に読点の使う箇所を正しく理解すれば、より読者へ伝わるものになります。もちろん数多く文章を書いたり、読んだりする「経験」が必要です。

ここでは読点を実際に使うケースを挙げます。あなた自身が今まで書いた文章を見直す機会と、今後、文章を書くポイントとして参考にして下さい。

主語が長いケース

○ ブロガーの良く参加するセミナー会場の多くは、東京が圧倒的に多い。
× ブロガーの良く参加する、セミナー会場の多くは東京が圧倒的に多い。

 

ひらがな続きで読みにくいケース

○ 所定の場所で、はきものをいただいてください。
○ 所定の場所では、きものをいただいてください。
× 所定の場所ではきものをいただいてください。

 

誤読を注意するケース

○ 警官はあわてて、逃走する犯人を追いかける。(慌てる警官)
○ 警官は、あわてて逃走する犯人を追いかける。(慌てる犯人)
× 警官はあわてて逃走する犯人を追いかける。(慌てた人物不明)

読点は、文章を「分かりやすくする」ものとして大きな役割を持っています。文章を書いたら必ず「読み直す」習慣を付けておきましょう。

 

まとめPoint
読点は、「文章に区切りを付けること」「前後の文章を強調させること」「文章を読みやすくする」
文章を書いたら、必ず「読み直す習慣」を付ける。

 

スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です