2017/06/21

記事がスラスラと書けるコツとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

今日は、ズバリ「すらすら記事が出てくる」という魔法のようなコツをお伝えします。といっても、単純なことなんです。それは、伝えたいことを、冒頭に書いてしまう事です。

冒頭に「結論」を書き出す

こんな単純な事だったなんて・・・と思い返すほど、記事が書けます。

また、この結論を冒頭でお伝えすることで、読者へ「インパクト」を与えていきます。
ただここで注意!この結論を述べた後のコメント。

「今日は、●●するだけで集客がグンと上がるテクニックをお伝えします!」と冒頭で述べた後に、「なぜ?」というカラクリ部分で、続き記事まで読者を引き込むところまで伝えてください。

これがあれば、尚「インパクト」を際立たせます。

なぜ結論を冒頭に書くだけで、記事が書きやすい?

2点理由があります。

1.結論から記事にすることで、「記事全体のストーリー」が、頭の中でイメージも含めて作りやすいという点です。

2.逆に、結論を最後尾に持っていくとしましょう。冒頭からボディ記事、更にまとめ(結論)記事までに「長文記事になりやすく、最後には伝えたいことがぼやけていきます」。この傾向を避ける為にも、冒頭へ結論を持っていくのです。

更に、ここでポイントです。

冒頭の結論は「約20文字ほど」で書き出すこと

です。言ってみれば「キャッチコピー」のようなイメージです。

 

結論へ結びつける記事は、なるべく長文になり過ぎない

上の見出し内容の補足にもなりますが、一概に「長文がダメ」という事ではないのですが、「単純明快なテクニック」であれば、確執部分を強調して短文で仕上げるパターンが一番効果的です。

結論が見えてこない「無駄な長文は避けましょう」という点を、理解しておくといいです。

逆に、応用複雑なテクニックであれば、読者が理解できるレベルで順を追って記事にする必要があります。

双方一番大切なポイントは、「読者が読みやすく、理解できる記事である」ということです。

読者が読みづらく理解できない内容は、文章途中で閉じられる結果になってしまいます。

 

まとめ

1.冒頭へ結論を書き出し、読者へインパクトを与える

2.1の後へ、インパクトへ繋げる「理由」も伝える

3.冒頭から結論がなぜ良いのか? 「記事全体のストーリー」が、頭の中で作りやすいという点

4.冒頭から結論がなぜ良いのか? 記事全体が長文になり、伝えたい事がぼやけることを避ける点

5.冒頭の結論は「約20文字ほど」で書き出す

6.結論からまとめまで「長文になりすぎず、要点のみを読みやすく理解しやすい記事」が理想

 

ぜひお役立てください。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA