2017/03/16

【保存版】X(エックス)サーバーでWordPressを自動インストールする方法

 

The following two tabs change content below.
ぶるろまん
ぶるろまん
フリーランサーを目指す希望高き40代MENS。記事は極めて"バカまじめ"に書いています。Webマーケティングは無限大!万歳!!

ブログを始めるなら、間違いなくWordPressです。WordPressでブログを立ち上げる前に、サーバーの準備をしましょう。当ブログは「エックスサーバー」を推奨していますので、実際に申し込みWordPressインストールまで詳しく説明していきます。

エックスサーバー公式サイトへアクセス

エックスサーバー公式サイトURL

エックスサーバー公式サイトへアクセスし、上記画像にある赤枠の「申し込み」をクリックします。

 

サーバー新規申し込み

サーバー新規お申し込みのタブから、「お申し込みフォーム」をクリックします。

 

更に「新規お申し込み」をクリック。

 

無料お試し10日間付きのお申し込み

無料でお試し期間が10日間付いた申し込みで始めていきます。

 

お客様情報入力(1)

ここでは、「サーバーID」を決めていきます。このIDは、SEO対策として直接的関わりませんのでお好きなIDで大丈夫です。

入力後、「●●は申し込むことが可能です!!」と表示されればOKです。 ※このIDを発行した後に決める「独自ドメイン」が、SEOに関わってきます。

プランは「X10」をチェックしてください。

 

お客様情報入力(2)

次に、メールアドレスから電話番号までの情報を入力していきます。最後は、エックスサーバーからのインフォメーション配信を希望される場合は、チェックを入れておきます。

 

利用規約、個人情報の取り扱い確認

上記の規約、個人情報の取り扱いを確認して、同意チェックして「お申し込み内容の確認」をクリックしていきます。

 

入力内容の確認

入力内容に間違いが無いか?きちんと確認をしてください。(黒塗りしている部分の確認になります)間違いが無ければ、「お申し込みをする」をクリックします。

 

お申し込みをするをクリックしますと、登録されたメールアドレスへメールが配信され、上記のアナウンス画面が表示されます。メールを確認していきましょう。

 

エックスサーバーからのメール確認

エックスサーバー申し込みから、登録した会員IDとメールアドレスが表示されています。

Google chrome(グーグルクロム)などで、パスワード管理が出来れば、一度ログイン後再入力する必要がないので、メモする必要はありません。

もしパスワード保存が出来なければ、メモを取るようにしましょう。

 

 

 

 

エックスサーバー内にある「インフォパネル」という管理パネルへログインする会員ID、メールアドレス、パスワードが表示されている画面です。

ここでは、上記画面で表示されている会員IDとメールアドレスは「一緒」です。

なので、パスワードのみメモをしておきましょう。「インフォパネル用パスワード」として。

 

 

 

 
独自ドメイン取得のアナウンス表示画面です。

ここは後術していきますので、先へ進みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ここは、サーバーアカウント情報が表示されています。

このサーバーアカウント情報は「一番重要」ですので、間違っても不明にならないように注意してください!その下記に表示されている内容で、「メールサーバー」というのがあります。

これば、エックスサーバー内でメールを使用できるアドレスになります。

メール機能も便利ですので、ぜひ活用していきましょう!

 

エックスサーバーへログイン

エックスサーバーログイン画面になります。ここで、先ほど登録した「サーバーID」と「メールアドレス」を入力してログインしていきます。

 

エックスサーバーのサーバーパネル

やっときましたね!これが、エックスサーバーのサーバー管理パネルという画面です。ここまできましたら、エックスサーバーで「独自ドメイン」を取得しましょう。

 

エックスサーバーで独自ドメイン取得

エックスサーバーのサーバーパネルにある「ドメイン設定」をクリックします。

 

すると、このような画面になり、赤枠の部分へは「自分のブログテーマに関連した文字列」が良いですね。また、その右にある青枠の部分。ここはあくまで「個人ブログ」前提ですので、[.com]や[.net]がオススメですね。

 

ここでドメインを決定させ、「ドメインの追加(確認)」をクリックします。重複ドメインで無い限り、次の画面に移ります。

 

黒塗りしている部分に、前画面で決定したドメインが表示されているはずです。ここでOKであれば、「ドメインの追加(確定)」をクリックします。

 

すると、独自ドメインの確認画面に移行し、「ドメイン名」「URL」がそれぞれ表示されます。この作業で独自ドメイン取得が完了しました。次にWordPressの自動インストール作業に移りましょう。

あともう少しです!頑張って!!

 

WordPress自動インストール

画面赤枠にある「自動インストール」というカテゴリーをクリックします。

 

すると、この画面に移行します。この画面上で、赤枠の「プログラムのインストール」というタブをクリックし、そこにあるWordPress日本語版の青枠部分「インストール設定」をクリックします。

 

次にこのような画面へ移行します。まず、「インストールURL」というのを設定します。これは、いわゆる「あなたのブログトップページにあたるURL」と思ってください。

ここで、先ほど取得した「独自ドメイン」を入力していきます。入力する範囲は、「http://●●●●.com」という独自ドメインでしたら、この「●●●●」部分のみ入力します。

ブログ名は、これから開設するブログの「タイトル」にあたる部分です。SEOに影響しますので、重要なキーワードを、左側から優先して入れて決めましょう。

ユーザー名・パスワードは、WordPressのものです。直接SEOには無関係ですので、気にせず好きな文字列で決めてください。

メールアドレスも、WordPress用です。こちらもWordPress用で一つメールアドレスを取得して、設定するのが理想です。

※メールアドレスを取得する方法は、アフィリエイターとしての揃えるべき必需品<メールアドレス編>を参照なさってください。

データベースは、チェックをそのまま「自動でデータベースを生成する」で大丈夫です。
最後に「インストール」をクリックします。

 

入力画面の確認です。こちらから、赤枠の「インストール(確定)」をクリックします。

 

WordPressが自動でインストールされた完了画面です。そして、青い↓の部分にあるURL、こちらがあなたの「WordPress管理画面URL」になります。

早速アクセスしてみましょう!

 

WordPress管理画面

とうとうWordPressをインストールできましたね!というか簡単でしたよね!?
「難しかったぁ・・」とは言わせませんよ(笑)

ここから、WordPressのブログを作っていきます。このWordPressブログの作り方については後述しますので、待っていてください!(笑)

スポンサーリンク

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です